09:30-09:50

Zoom Open

09:50-10:00

Opening

10:00-10:45 KEYNOTE

The Heart of Agile and the Future of Work
アジャイルの心と未来の働き方


アリスター・コーバーン博士Dr. Alistair Cockburn

Co-Author, Agile Manifesto
『アジャイルソフトウェア開発宣言』共著者

Biography
Dr. Alistair Cockburn was named as one of the “42 Greatest Software Professionals of All Times" in 2020 for his work on methodologies, use cases, and agile development.
He co-authored both the Agile Manifesto and the Project Management Declaration of Interdependence.
Since 2015 he has been working on expanding agile outside of product development, to cover initiatives in any endeavor, including families, government, and social impact projects. See here for that progress.
アリスター・コーバーン博士は、アジャイル開発とその手法や活用事例における功績により、2020年に「42 Greatest Software Professionals of All Times / 史上最高のソフトウェア・プロフェッショナル42人」の1人に名を連ねました。
彼は、『アジャイルソフトウェア開発宣言』と『プロジェクトマネジメントの相互依存宣言』 を共同執筆しています。
2015年以降は、家族や政府、社会的インパクトのあるプロジェクトなど、あらゆる取り組みに関わり、アジャイルをプロダクト開発以外にも拡大し続けています。
その進捗についてはこちらをご覧ください。

Session Abstract
Agile, simpler and more potent than ever. Learn a more powerful form of agile, create a shared experience with your colleagues, and hear from one of the founders of the agile movement. Learn how just the words Collaborate, Deliver, Reflect, Improve strengthen your team and open up new doorways for improvement.
In this talk, Agile Manifesto co-author looks at the elements that affect success, particularly collaboration and reflective improvement, with a push to get you to reconsider the energy you are putting on structural initiatives versus attitude-centered initiatives. Plenty of time will be left at the end for questions and answers.
アジャイルは今、かつてないほどシンプルで影響力のあるものとなりつつあります。このキーノートでは、アジャイル創始者の1人から話を聞き、より効果的なアジャイルの形を、仲間とともに経験してもらいます。Collaborate(コラボレーション), Deliver(デリバリー), Reflect(内省), Improve(改善)という言葉だけで、どれほどチームが強くなり改善への新しい扉が開かれるかがわかるでしょう。
この講演では、『アジャイルソフトウェア開発宣言』の共著者が、成功を導くこれらの要素を紹介します。特にcollaboration(コラボレーション)と reflective improvement(内省的改善)を解説する予定です。そしてみなさんは、手法だけを学ぶことに労力をかけるよりも、もっと姿勢に目を向けるべきだと気づくでしょう。講演後は質問の時間もご用意しております。


11:00-11:20

”チーム” の範囲を広げよう


中佐藤 麻記子 さんMakiko Nakasato

株式会社豆蔵 主幹コンサルタント

Biography
旧大阪外国語大学イスパニア語学科卒業後、社内SE、トレーニング講師、組込みソフト開発サポートを経て、現在はアジャイル開発・オブジェクト指向・UML・要件定義などのコンサルティング・トレーニング講師を主たる活動としている。
2015年から2018年までAgile Japan実行委員。
主な執筆物:「これだけは知っておきたい組込みシステムの設計手法」(技術評論社・共著)、「ディシプリンド・アジャイル・デリバリー」(翔泳社・共訳)、他

Session Abstract
みなさんは、チームの”内”と”外”の境界をどこに引きますか?
開発側と企画側? スクラムチームとステークホルダー?
「何もわかっていないアイツら」と「がんばっている私たち」の間に壁を作ることは、幸せな開発とは言えません。
では、どうすればいいか? 本セッションで事例もまじえてお話します。


11:30-11:50


11:50-13:00

ランチタイム

13:00-13:20

これでデザイナーと仲良くなれる ~ デザイナーとエンジニアで上手にアジャイルする方法~


高松 真平 さん Shimpei Takamatsu

Tigerspike株式会社 Tech Lead

Biography
国内SIerでSEとして勤務後、様々なフェーズのスタートアップ企業に従事。ソフトウェアエンジニアおよびスクラムマスターとして、Webアプリケーション・モバイルアプリケーションを中心に新規サービスの立ち上げから超有名サービスのグロース、並びにハイトラフィックな環境下でのサービス運用までを幅広く経験した後、Tigerspikeに参画。リーン及びアジャイル開発に関して数多くの登壇実績あり。


中島 亮太郎 さん Ryotaro Nakajima

Tigerspike株式会社 UX Lead

Biography
医療機器メーカーにて製品デザイン開発と人間工学のユーザビリティ研究に携わった後、ITベンダーにてモバイル製品・自動車・スポーツ・旅行分野などでデジタルを活用した新規事業のサービス企画およびコンセプト構築を経験した後、2019年にTigerspikeに参画。ユーザー起点によるリサーチの実績を持つ一方、考えの構造化や可視化を行うグラフィックレコーディングも得意とする。初著作「ビジネスデザインのための行動経済学ノート」絶賛発売中。

13:30-13:50


14:00-14:20


和田 圭介 さんKeisuke Wada

Scrum Inc.Japan株式会社 スクラムトレーナー/スクラムコーチ

Biography
KDDIにおけるIoTビジネス・クラウドビジネスの立ち上げ、トヨタ自動車への出向などを経て、2019年4月より現職。KDDIにおけるスクラム導入、プロダクトオーナーとしての経験を生かし、主に大企業におけるスクラム導入を支援。スクラムの普及を通じて、日本中の働く人々が幸せになり、日本から新たなイノベーションが次々と生み出されるようになることを目指している。



14:20-15:00

コーヒーブレイク

15:00-15:20


15:30-15:50

ウォーターフォール開発者がアジャイルに出会い挑戦する日々


小林 洋平 さん Yohei Kobayashi

Agile Studio by 永和システムマネジメント エンジニア

Biography
2019年に永和システムマネジメントに入社。
若かしき頃に従事した金融系大型プロジェクトでウォーターフォール開発を叩き込まれ、開発とはそういうものだと思い開発してきた20年。
そんな中、永和システムマネジメントに入社しアジャイル開発に出会う。ウォーターフォール開発とはあまりにも違う開発手法に戸惑いと衝撃を受ける。
いまだに「アジャイルとは?」を常に問いかけながらアジャイル開発を実践するエンジニア。



16:00-16:20

16:30-17:30

ネットワーキング

投稿日:

Copyright© Agile Japan 2021 , 2021 All Rights Reserved.